ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本方針

当社は金融商品取引法等の諸法令ならびに、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、正確、適時かつ公平に情報の開示を行います。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、株主・投資家の皆さまの投資判断に影響を与える事項につきましては、できる限り積極的に開示いたします。

情報開示の方法

東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示いたします。TDnetに公開した情報は、当ウェブサイトにおいても速やかに掲載いたします。また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資判断に影響を与える事項につきましては、適時開示規則の趣旨を踏まえ、当ウェブサイトへの掲載等により開示を行います。

IRポリシーの社内徹底

当社は、本ディスクロージャーポリシーを当社グループ全体に浸透させ徹底を図ります。また、株主・投資家の皆様および証券アナリスト等からのお問い合わせにつきましては、全て当社担当者が対応いたします。これは、当社グループとその社員を金融商品取引法等の法的責任から保護することを目的としています。

沈黙期間について

当社は決算(四半期業績および中間決算を含み、以下同じ。)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため沈黙期間を設けております。当該期間中は、業績に関するお問い合わせへの回答を差し控えておりますので、ご理解いただきたくお願いいたします。(沈黙期間は、[IRカレンダー]をご覧ください。)
ただし、当該期間中においても、東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する事象が発生した場合には適宜公表いたします。